PARCTICAL CASE実施事例

「第31回パラスポーツメディアフォーラム~パラリンピック選手・コーチ・スタッフの競技環境調査 結果説明会~」運営協力

2021年8月23日(月)/日本パラリンピアンズ協会 実施場所:オンライン

全国のメディアを対象にオンライン形式によるメディアフォーラムを開催しました。

一般社団法人日本パラリンピアンズ協会(以下、PAJ)は、第4回「パラリンピック選手・コーチ・スタッフの競技環境~その意識と実態調査~」を2020東京パラリンピック競技大会、2018平昌パラリンピック競技大会の日本代表選手およびコーチ・スタッフを対象に実施しました。本フォーラムではPAJ大日方会長、PAJアドバイザーの桐蔭横浜大学 日比野教授から、調査結果についてご説明いただきました。

主催:株式会社 電通パブリックリレーションズ
協力:一般社団法人パラスポーツ推進ネットワーク

      

「日本パラ陸上競技連盟原田TD、平松強化副委員長リモート会見」広報業務

2021年8月19日(木)/陸上競技 実施場所:オンライン

日本パラ陸上競技連盟は、開会が迫る東京2020パラリンピックに向けて、8月19日(木)に強化担当である原田テクニカルディレクターと平松強化副委員長のオンライン取材を行いました。
現在、選手らは味の素ナショナルトレーニングセンターで順調にトレーニングもできており、事前合宿もいい形、いい雰囲気で行われていると説明しました。またリオ2016パラリンピック後から東京2020パラリンピックに向けた新たな取り組みとして、日本陸上競技連盟と日本パラ陸上競技連盟が一体となり強化を行ってきたと話しました。それを踏まえて今大会は金メダル4~5個、メダルの合計は2桁と目標を掲げました。
パラネットでは事前リリース等の広報サポート及び当日のオンライン取材のサポートを行いました。  

「第30回パラスポーツメディアフォーラム~シッティングバレーボール~」 運営協力

2021年8月18日(水)/シッティングバレーボール 実施場所:オンライン

全国のメディアを対象にオンライン形式によるメディアフォーラムを開催しました。
一般社団法人日本パラバレーボール協会の真野会長と山下副会長から、東京2020大会直前のチーム情報のほか、競技の基礎知識、コロナ禍での対応などをご説明いただきました。
当日は40名弱のメディアのみなさまに参加いただき、シッティングバレーボールについて広く知っていただく機会とすることができました。
主催:株式会社 電通パブリックリレーションズ
協力:一般社団法人パラスポーツ推進ネットワーク

  

「東京2020パラリンピック競技大会ゴールボール日本代表オンライン会見」広報業務

2021年8月10日(火)、11日(水)/ゴールボール 実施場所:オンライン

東京2020パラリンピック競技大会 ゴールボール競技に出場する日本代表選手の会見が女子代表8月10日(火)、男子代表8月11日(水)の日程でオンラインにて行われました。
今回のオンライン会見が、東京2020パラリンピック競技大会前の最後の取材機会となり2日間で延べ82名の報道関係者にご参加いただき、市川総監督以下代表選手男女12名が大会への意気込みやチームの仕上がりについて語りました。
パラネットでは事前のプレスリリース作成や会見当日の広報サポート等を担当しました。

▲ページ一番上に戻る