PARCTICAL CASE実施事例

「2020-2021 オンアイスシーズンインオンライン会見」広報業務

2020年10月16日(金)/車いすカーリング 実施場所:パラリンピックサポートセンター(東京都港区・事務局)、強化委員長宅(岩手県) /オンライン会見

日本車いすカーリング協会初の、オンライン記者会見をサポート。当日は、2020-2021オンアイスシーズンインに合わせて、2拠点からZOOMのウェビナーにて行った。北京2022パラリンピックに向けたロードマップの説明や車いすカーリングのルールや見どころの紹介、最後に2026年から加わる新種目のミックスダブルスについての紹介を行い、多くのメディアに対して車いすカーリングという競技を知ってもらう機会を作ると同時に、興味関心を高めることができた。

「パワーリフティング 第3回チャレンジカップ京都」広報業務

2020年10月3日(土)~10月4日(日)/パラ・パワーリフティング 実施場所:サン・アビリティーズ城陽(京都府城陽市)

自粛期間を経て、新人には登竜門、ベテランには世界ランキング入りのかかった久々のパワーリフティング大会が開催されました。
選手はどれだけ自己を高められたのか、連盟はWithコロナでどこまで安全で快適な試合運営ができるのかに挑戦する、「ダブルチャレンジ」をコンセプトに掲げた本大会。感染対策を徹底し、WEB配信を通してファンへ熱気が届けられました。
パラネットは普段は対面で行っている選手へのメディア囲み取材をオンラインで行うべくサポートいたしました。

▲ページ一番上に戻る