PARCTICAL CASE実施事例

「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2019」運営サポート業務

2019年8月29日(木)~9月1日(日)/車いすバスケットボール 実施場所:武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)

男子日本代表の強化を目的とした国際大会で、今年が最終の3年目。オーストラリア、イラン、韓国が来日。日本は惜しくも3位に終わったものの、強豪国との連戦で確かな手ごたえと課題を得ました。4日間の観客は招待観戦の子供達5,000超を含めた、のべ22,500人を超え、競技の人気定着ぶりも窺えました。パラネットはメディア対応を中心に運営全般のサポートを行いました。

  

  

 

 

「東京パラリンピック一年前イベント@富士」運営&広報業務

2019年8月25日(日)/パラ水泳 実施場所:静岡県富士水泳場(静岡県富士市)

日本身体障がい者水泳連盟と日本知的障害者水泳連盟は、東京2020パラリンピック開幕1年前にあたる8月25日(日)に「パラ水泳を応援しよう!」と題し、一年前イベントを実施しました。地元市民らと共にゆるプル競技体験による交流や、選手によるデモンストレーションを行いました。イベントの最後には、1年後の大会の成功と機運の盛り上がりへの期待を込め、参加者のみんなで2020の人文字を作り、盛況のうちに終了しました。パラネットでは、イベント企画段階当日の運営までをサポートしました。

※ゆるプル競技とは、水泳が苦手な方や、水泳を習うことが難しいと感じる方に、老若男女問わず、まずはプールや水の中で体を動かすことを好きになってもらいたい、という想いで日本身体障がい者水泳連盟と世界ゆるスポーツ協会で開発された競技です。

「第4回全国ボッチャ選抜甲子園」広報業務

2019年8月13日(火)/ボッチャ 実施場所:港区スポーツセンター5・6階(東京都港区)

特別支援学校のためのボッチャ大会「全国ボッチャ選抜甲子園」が開催され、4回目となる今年は24校が参加しました。児童・生徒がパラリンピックを身近に感じ、ここから強化指定選手や日本代表選手になる選手も出てくるなどメディアからの注目も年々高まっています。パラネットは、本大会のメディア対応を中心とした広報作業をサポートしました。

  

「ITTF・PTTジャパンオープン2019東京大会」広報業務

2019年8月1日(木)~3日(土)/パラ卓球 実施場所:港区スポーツセンター5・6階(東京都港区)

本大会は、パラ卓球の国際公認大会として、日本で初めて開催されました。日本選手団は、総勢46名の選手が出場し24個のメダルを獲得しました。パラネットとしては、主に広報パートを担い、メディア対応や観戦促進イベントのサポートを行い、大会中3日間で2,821人という観客動員のサポートを行うことができました。

 

▲ページ一番上に戻る