日本障がい者乗馬協会は東京2020パラリンピック 馬術競技の日本代表チーム決定記者会見を行いました。今回は新型コロナウイルスの感染状況も鑑み、参加者にはPCR検査の実施や事前の健康チェックを要請するなど万全な体制で行った現地取材だけでなく、日本財団パラリンピックサポートセンターとも連携しオンラインでの取材対応も行いました。
記者会見では冒頭の嘉納会長からの挨拶に始まり、河野事務局長から6月に行われたオランダでの大会結果に基づく最終ランキング、最終選考へ至った経緯の説明、三木監督からは日本代表チームとしての指針などを発表しました。登壇した選手からは「ベストを尽くしたい」等の意気込みが聞かれました。
パラネットではコロナ禍での最適な実施方法の検討段階から、当日のサポートまで行いました。