2021ワールドパラアルペンスキーアジアカップが菅平高原、野沢温泉村にて開催されました。
本大会は、ワールドパラアルペンスキー(WPAS)公認であり、北京2022パラリンピック出場のためのWPASポイント獲得ができる大会です。
日本代表クラスの主な選手に加え、次世代を担う期待の若手選手が参加しました。また、知的障がい(ID)カテゴリーのレースも併催され、パラリンピックと同様に世界を目指す選手らが活躍しました。
パラネットでは新型コロナウイルス対策のため、オンラインを活用した記者会見や囲み取材など事前からの広報サポートを実施しました。