PARCTICAL CASE実施事例

「2020パラアルペンスキー競技大会アジアカップ」大会運営サポート業務

2020年2月13日(木)~16日(日)/スキー 実施場所:菅平高原パインビークスキー場(長野県上田市)

国内唯一のワールドパラアルペンスキー公認大会が菅平高原パインビークスキー場で開催されました。北京2022パラリンピックにむけ日本代表クラスの選手に加え若手選手も多く参加しました。大会の開催前には自治体との連携を図り、日本障害者スキー連盟常任理事大日方邦子氏、本堂杏実選手、髙橋幸平選手が上田市内の小学校で交流授業を実施しました。質疑応答の時間にはたえることなく手が上がり、とても盛り上がる交流となりました。パラネットは大会期間中、広報関連のサポートとデュアルスキー体験会のサポートを行いました。本大会では報道関係者向けにLINEでのスタートリスト及びリザルトの配信を試み、スタートからゴールエリアまで取材活動が広範囲にわたるアルペンスキー競技特性ともマッチし、好評でした。

 

「第20回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」運営サポート業務

2020年2月1日(土)~2月2日(日)/パワーリフティング 実施場所:日本工学院八王子専門学校 片柳記念ホール(東京都八王子市)

日本工学院八王子専門学校(以下、同行)が特別共催として大会を全面サポートする本大会。パラネットは、半年ほど前より大会プロジェクトに加わり、当日運営補助に留まらない、大会企画からサポートしました。初めての試みとなる、同校生徒×パラ・パワーリフティング選手の車いす体験(八王子にて)や、八王子市長訪問。さらに大会盛り上げ施策として、同校生徒によるメディア対応体験、試技判定ランプの開発、大会キービジュアルのコンペ、等を行い、「学校×パラスポーツ×地方自治体」を目指した本大会は、無事幕を閉じました。

「サンマリエ カップ」運営サポート業務

2020年1月26日(日)/テコンドー 実施場所:日本財団パラアリーナ(東京都品川区)

パラテコンドー「サンマリエ カップ」が品川区の日本財団パラアリーナで開催されました。この大会は、一般社団法人全日本テコンドー協会のパラテコンドー委員会が主体となって主催する東京2020パラリンピックの代表推薦権をかけた重要な大会であり、300人を越える観客が声援を送る中、熱戦が繰り広げられました。K44(K43)男子-61Kgは、三つ巴戦を制した田中光哉(ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社)が優勝。K44(K43)男子-75Kgは、工藤俊介(株式会社ダイテックス)が終盤の逆転で一騎打ちに勝利。K44(K43)女子+58Kgでは太田渉子(ソフトバンク株式会社)が内定選手となりました。

パラネットはこの大会で事前の運営計画、リリース配信、当日の大会運営、広報全般をサポートしました。

「2019年度 第3回日本知的障害者選手権 新春水泳競技大会@千葉県国際総合水泳場」広報業務

2020年1月13日/水泳 実施場所:千葉県国際総合水泳場(千葉県習志野市)

東京2020パラリンピックの年となり、最初の競技大会が千葉国際総合水泳場で開催されました。 400名近くの参加者に加え、オープン参加として身体障がいクラスの選手も参加し日頃の成果を競いました。パラネットはメディアがスムーズに取材頂けるよう、事前調整やセッティング、広報サポートを行いました。パラリンピック代表推薦が内定している山口尚秀選手(四国ガス)が男子50m平泳ぎを日本新で優勝するなど好成績も相まって、多くのメディアに取材いただけました。

「TOYOTA presents第21回日本ボッチャ選手権大会」 広報業務

2019年12月20日(金)~12月22日(日)/ボッチャ 実施場所:スカイホール豊田 (愛知県豊田市)

クラス別にその年の日本一を決める国内最高峰の個人戦の大会。今年は東京パラリンピックの代表選手選考会も兼ねて行われ、各クラスの優勝者4名が代表推薦選手に内定しました。3日間の観客は約8,500人とパラリンピックイヤーを前に注目度の高さもうかがえました。パラネットでは、メディア対応を中心に競技団体推薦内定選手記者会見や観戦促進などをサポートしました。

▲ページ一番上に戻る